すべてのカテゴリ
×

連絡する

業界情報

ホーム /  ニュース&イベント /  業界情報

原子力発電所で使用される HDPE 管の二層管設計の役割は何ですか?

01.2024年XNUMX月

原子力発電所用のHDPEパイプは、次の機能を備えた二層HDPEパイプ設計を使用しています。

強化された耐圧性: 二層パイプライン設計により、外層に保護層を追加して、パイプラインの耐圧性を向上させることができます。これにより、パイプラインの耐圧能力が向上し、原子力発電所の高圧システムの作動圧力要件に適応できます。

耐食性の向上: 外側の保護層は、パイプ表面の腐食や化学的攻撃を効果的に防止します。原子力発電所の環境に存在する可能性のある水蒸気、酸素、化学物質などの腐食性媒体は、パイプラインの材料に損傷を与える可能性があります。二重層設計により、追加の保護層を提供し、パイプラインの耐用年数を延ばすことができます。パイプライン。

外部損傷の軽減: 外部保護層は、機械的衝突、押し出しなど、パイプラインへの外部機械的損傷を軽減します。原子力発電所などの産業環境では、パイプラインはさまざまな外部要因の影響を受けやすくなります。二重層設計により、パイプラインを外部損傷から効果的に保護できます。

耐放射線性の強化: 外側保護層によりパイプラインの耐放射線性も向上し、原子力発電所の放射線環境でも安全に動作できるようになります。原子力発電所の環境には放射線源があり、パイプラインの材料に一定の放射線影響を与えます。二重層設計により、追加のシールド保護が提供され、パイプラインの安定した動作が保証されます。

修理・交換の効率向上:パイプの外側保護層と内側のパイプを分離した二重構造により、修理・交換作業がより便利になります。メンテナンスやパイプの交換が必要な場合、パイプ全体を交換するのではなく、損傷した内側パイプのみを交換できるため、メンテナンスのコストと時間を節約できます。

原子力発電所で使用されている二層HDPEパイプライン設計は、パイプラインの耐圧性、耐食性、耐放射線性を向上させると同時に、外部損傷を軽減し、メンテナンス効率を向上させ、原子力発電所システムの安全な運転を保証します。

原発用hdpeパイプ

会社の製品について質問がありますか?

当社の専門営業チームがお客様のご相談をお待ちしております。

お問い合わせはこちら