すべてのカテゴリ
×

連絡する

業界情報

ホーム /  ニュース&イベント /  業界情報

PPR フィッティングはどのようにして高温でも構造的完全性と性能を維持するのでしょうか?

23.2024年XNUMX月

ポリプロピレン ランダム コポリマー (PPR) 継手は、高温でも構造の完全性と性能を維持する優れた能力により、配管および暖房システムで非常に人気を得ています。 
PPR フィッティングが高温環境で優れている主な理由の 160 つは、その優れた熱安定性です。 PPR は、大きな変形や劣化を起こすことなく高温に耐えることができる熱可塑性ポリマーです。融点が 170 ~ XNUMX°C の範囲にあるため、PPR フィッティングは強固な状態を保ち、高熱条件下でも形状と機械的特性を維持します。
PPR フィッティングは熱伝導率が低く、金属のように熱を伝えにくいことを意味します。この特性は、配管や暖房システム内での熱損失や熱伝達を防ぎ、熱水や加熱流体の温度を効率的に保つ上で非常に重要です。 PPR フィッティングは熱伝導率を低減することで、エネルギーの節約とシステム パフォーマンスの最適化に貢献します。
高温における PPR フィッティングの堅牢性に寄与するもう 1 つの重要な側面は、その卓越した耐薬品性です。 PPR は、熱水やさまざまな加熱流体など、配管や暖房システムで一般的に見られる幅広い化学薬品に対して耐性があります。この抵抗力により、腐食性物質にさらされたときのフィッティングの劣化や弱体化が防止され、長期的な耐久性が保証されます。
さらに、PPR フィッティングは優れた寸法安定性を示します。正確な寸法に設計および製造されているため、温度変動に伴う熱膨張および熱収縮サイクル下でも形状と適合性を維持できます。この寸法安定性により、システム内の漏れ、亀裂、または故障のリスクが最小限に抑えられ、信頼性とパフォーマンスが向上します。
PPR フィッティングの滑らかな内面は、高温でも性能を維持する上で重要な役割を果たします。この滑らかさにより、配管システム内の摩擦が軽減され、効率的な流体の流れが促進され、流れを妨げてシステムの性能に影響を与える可能性のある堆積物やスケールの蓄積が防止されます。 PPR フィッティングはスムーズな流体力学を促進することで最適な動作を保証し、メンテナンスの必要性を最小限に抑えます。



会社の製品について質問がありますか?

当社の専門営業チームがお客様のご相談をお待ちしております。

お問い合わせはこちら